詳しくは Castrol のホームページへ→ GSYUASA

 ▼EngineOil交換の必要性





 ■エンジンオイルの総合的な品質規格 API/省燃費規格 ILAC GF-4

 ■API(アメリカ石油協会)規格・マーク


アメリカ石油協会(API)が定めるガソリンエンジンオイル用オイルの厳格な品質規格に合格した製品には、そのグレードを証明する2文字のアルファベットと、通称ドーナツマークと呼ばれるAPIマークの表示が許可されます。ガソリンエンジンオイル用は頭が「S」で、「SA」からはじまり、現在SMがガソリンエンジン油の最新規格です。ディーゼルエンジン用は頭が、Cではじまり、CF-4クラスが日本のディーゼルエンジン油で多く使われています。

 
  [ API SM規格の特徴 ]

■より高い「省燃費性能」とその「持続性」
■より長期に渡る「エンジン保護性能の持続性」
■環境に配慮した「リンや硫黄分の低減」

 ■ILSAC(潤滑油国際標準化及び認定委員会)規格・スターバーストマーク

「ILSAC GF-4」は、省燃費性の持続性とエンジンを保護するというエンジンオイル本来の性能が低下することのないよう、オイル消費・高温下での酸化安定性に対する要求性能において厳しい基準が課せられていることが特徴です。
 ■粘度はオイルを選ぶときの基礎の一つです
 
 ■SEA(米国自動車技術教会)粘度番号


SAE粘度とは、SAE(米国自動車技術教会)が分類したオイルの粘度表示です。例えば、「10W-50」というように表示されるマルチグレードと、「30」のように表示されるモノグレードがあります。一般的に、マルチグレードはモノグレードよりも温度に対する適応範囲が広くなります。

■SEA粘度の見方




5W

30

低温度の粘度 (低温始動性の目安)
 
高温度の粘度 (100℃)
この数字ほうが小さいほど寒さに強い
この数字ほうが大きいほど熱さに強い
エンジンの始動性がよい
エンジン保護性能に優れている
エンジンの音が静かになる
 ■JASO規格
(社) 自動車技術会が制定、JASOエンジン油規格普及促進協議会が推進する、2輪車用オイル規格・ATF規格等です。


 ■2輪車用オイル規格

4サイクルエンジンオイル規格:2輪車特有の湿式多判クラッチに対する特性が規定されています。

■MA: 大排気量車にありがちな湿式多判クラッチのすべり易い2輪車に最適なオイル。
■MB: 湿式多判クラッチのすべりに問題のない2輪車に最適なオイル。

2サイクルエンジンオイル規格:4つの性能が要求され、3段階のグレードに分類されます。


[ 要求性能 ]
@潤滑性能:エンジンの焼きつき、摩擦を防ぐ性能。
A清浄性能:燃焼室内の堆積物の生成を抑える性能。
B排気煙性能:排気煙(スモーク)を抑える性能。
C排気系閉塞性能:マフラーの詰まりを抑えてくれる性能。

■FD: FC以上に高温時の清浄性能を向上させたオイル。
■FC: JASO規格が要求する4つの性能すべてが優れている高性能オイル。
■FB: FCと比較して主に排気系の性能がお劣り、また清浄性能も若干
劣るオイル。


 ■ATF規格

1A: 摩擦調整剤などか添加され、優れたシャダー防止性及び耐久性を有し、かつ比較的高い伝達トルク容量を示す。また、低温流動性、せん断安定性及び、樹脂素材適合性において優れたもの。
 

▲ページ上部へ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
このページはフレームを使用しています。
サーチエンジンなどから直接このページに訪れた方は、コチラからサイトトップに移動します。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::千代田デンソー株式会社:::::::::::::::::::::::::::::::::::::