燃料を新鮮な状態に保つ劣化防止剤
燃料を長期保存すると・・・?
⇒長期保存の環境下では、酸素などにより化学的に変化します
⇒酸化によって次第にガム質に変化し、パイプの詰まりを引き起こす原因になります

燃料を空にしておくと・・・?
⇒わすかな残留燃料のガム質化が起こります
⇒金属が空気や湿気に晒されることによって錆の発生につながります
⇒ガスケットやシールを施している場合、これらが完全に乾くと燃料漏れの原因につながります
⇒燃料漏れは火災や事故につながる恐れがあります

燃料をタンクに入れておきながらトラブルなく長期保存するには、
燃料を安定化させることが大切!

 燃料劣化防止剤

■エンジンを保護し寿命を延長

■燃料の劣化・酸化・ガム質化を防止

■燃料タンクに注入するだけの簡単作業

■ガソリン・ディーゼル・灯油など多種多様な車種と機器に使用可能


─使用方法─

新鮮な燃料へのご使用をお薦めします。
事前に配管内の燃料を消費する為にエンジンを5分ほど作動させます。
本品を注入します。(1本に対し約95Lの燃料に対応。約10Lの燃料に対し、本品1目盛分)
こぼれた溶液はすぐにふき取ってください。
換気の充分な場所で作業してください。

─用途はさまざま─

芝刈機 耕運機 発電機 除雪機 建設用重機 チェーンソー トリミングカッター
ボイラー ストーブ 自動車 オートバイ モーターボート ジェットスキー
燃料貯蔵タンク 携行燃料缶 など・・・





:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
このページはフレームを使用しています。
サーチエンジンなどから直接このページに訪れた方は、コチラからサイトトップに移動します。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::千代田デンソー株式会社:::::::::::::::::::::::::::::::::::::