■バッテリートラブル0(ゼロ)情報をお届けします バッテリートラブル0(ゼロ)情報をお届けします
こんな車はバッテリーがダウン寸前です!!

車検が近い車
車検の近い車は、バッテリーの寿命が近いことになります。
車検のステッカーを目印に、交換のアプローチを。

遊びに夢中な車
レジャーに大活躍のRVですが、寒いスキー場などでは、
バッテリー性能は半減。早めの点検が必要です。

電装品を搭載している車
付加の大きい電装品を搭載している車は、
消費量が充電量を上回り、
ダウン寸前の状態が考えられます。

エンジンルームが下にある車
ワンボックス車など運転席の下にエンジンルームがある場合
日ごろの点検が行われにくい傾向にあります。

エンジンがかかりにくい車
気温の低い季節や、冷房を酷使する季節に
エンジンのかかりが悪いと感じたら要注意です。

パワーウィンドウの開閉が悪い車
パワーウィンドウなどの開閉速度が遅くなったと
感じたら、早めの点検が必要です。

ライトに明暗差が出る車
ヘッドライトの光量が落ちてきたら、
バッテリーはもちろんバルブも点検してみて下さい。

クラクションの音が弱々しい車
クラクションの動力もバッテリーの力です。
不抜けた音がしたら。早めの点検を。
▲ページ上部へ

▼バッテリー良否の判断のしかた
1.外観チェック
・明らかにバッテリー液が漏れている場合などは使用することはできませんので、交換の必要があります。
・また、電そう・ふたが変形している場合には過充電が原因の場合がありますので、車両の電気系統のチェックをしてください。
・バッテリーには寿命(使用期間が短い場合には内部不良)があるので、こまめに点検・早めの交換をおすすめします。

■Check! ひび・割れ・欠けはないか? 液漏れしていないか? 端子部の腐食はないか?
2.液面チェック
・バッテリー側面(正面)には、内部の液体が見えるようになっており、メモリも付けられています。
・バッテリー内部はいくつかの小部屋(セル)に仕切られていますので、見比べてみてください。
・バッテリーには寿命(使用期間が短い場合には内部不良)があるので、こまめに点検・早めの交換をおすすめします。
→液面が高いセルは液体をスポイトなどで抜いてください。
→液面が低いセルには精製水を入れます。

■Check! すべてのセルが規定液面か?

※使用期間が2年以上であればそろそろ寿命かもしれませんので、早めの交換をお勧めします。
※使用期間が2年未満の場合は比重の調整を行ってください。
3.比重チェック
→比重がばらついている(0.04以上)
→比重がそろって低い(1.240未満)
→比重がそろって高い(1.240以上)
→液面が高いセルは液体をスポイトなどで抜いてください。
・などの場合はバッテリーの比重が下がっていますので充電してください。
・充電後テスターによるチェックを行い、結果『緑』を示せばバッテリーは正常(単なる放電)ですが、車両の電気系統を調べる必要があります。


■Check! すべてのセルの比重を測定をする。 温度換算も忘れず
4.テスターによるチェック
・市販のバッテリーテスターを使用してチェックすることは、もちろんおすすめです。
・この場合、テスターの説明書にしたがって合否の判断をして下さい。

▲ページ上部へ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
このページはフレームを使用しています。
サーチエンジンなどから直接このページに訪れた方は、コチラからサイトトップに移動します。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::千代田デンソー株式会社:::::::::::::::::::::::::::::::::::::