アイドリングストップ車用バッテリー形式表示バッテリーサイズの見方GYB EUシリーズ形式の見方

■バッテリートラブル0(ゼロ)情報をお届けします バッテリートラブル0(ゼロ)情報をお届けします
アイドリングストップ車用バッテリー形式表示

信号待ちでエンジンがいつの間にかストップ……、環境性能を高めるための技術“アイドリングストップ”は急速に普及し、そんな光景を街中でもよく見かけるようになりました。CO2削減と省燃費を実現し環境にやさしいアイドリングストップ車ですが、エンジンの停止と始動を頻繁に行うことで、過酷な使用環境にあるのがバッテリー。短時間で充電と放電を繰り返すため、バッテリーには大きな負担がかっているのです。さらに、エンジン停止時にも電装品の多くは作動しているため、バッテリーの充電不足が続くことも見逃せません。つまり、アイドリングストップ車に搭載されるバッテリーには、充放電を繰り返してもへこたれない“耐久性”と、短時間でより多くの充電が可能な“充電受入性能”が必要とされます。これに対応すべく発売されているのがアイドリングストップ車用バッテリーで、電池工業会規格で新たな規格・形式表示が規定されています。 また、最近のエコカーの中には、走行中でも一定量充電されるとオルタネーター(発電機)による発電を停止し、エンジンにかかる負荷を抑えることで燃費を向上させる“充電制御システム”を採用している場合もあります。このような充電制御車についても、充電受入性能が高いバッテリーがおすすめです。

バッテリー外形寸法区分(サイズ区分)
通常自動車用
バッテリー
アイドリングストップ
車用バッテリー
通常自動車用
バッテリー
アイドリングストップ
車用バッテリー
B17 J D26 S
B19 K D31 T
B20 M E41 U
B24 N F51 V
D20 P G51 W
D23 Q H52 X
バッテリーサイズの見方
≫JIS形式の見方
55
B
24
R
性能
サイズ
長さ
+、-端子位置
性能
バッテリーの総合性能
(始動性能・容量)を表します。数値が大きいほど性能がよくなります。

(50未満=2刻み、50以上=5刻みの表示になっています。)
サイズ
バッテリーの高さ×幅を
A〜Hで表示。

(JIS規格で幅×箱高さの区分が決まっています。)
長さ
バッテリーの長さの概寸法
(約cm)を表します。

(例:55B24Rでは約24cm)
■+、-端子位置
+端子を手前にして、-端子が右にくると「R」、左にくると
「L」になります。

(上から見た場合) ※記号のないものもあります。
主なバッテリーの容量
バッテリーサイズ 容量(5時間率)
28A19 21Ah
28B17 24Ah
28B19 24Ah
34B19 24Ah
46B24 36Ah
55B24 36Ah
55D23 48Ah
65D23 52Ah
70D23 52Ah
80D26 55Ah
95D31 64Ah

▲ページ上部へ

GYB EUシリーズ形式の見方
比重の異なるバッテリー
欧州者用バッテリーお表示方式はDIN表示と呼ばれ、国内用のJIS表示とは大きく異なります。GSユアサ商品でも取り入れていますDIN表示がどのような方法かもう一度見てみましょう。

国産用バッテリーJIS形式では性能ランクとバッテリーサイズを表記していますが、欧州車用DIN形式では容量と始動性能のみを表しています。

6

00

080
@
A
-
B
@ 5:12V100Ah未満の自動車用バッテリーであることを示します。
  6:12V100Ah以上の自動車用バッテリーであることを示します。

A 20時間率の公称容量です。 …つまり@Aの組合せの数字から500を差し引いた数字が、バッテリー容量です。
  (
例えば600の場合、容100Ahとなります。)

B CCA(低温時の始動性能)を表します。表記の数字×10がCCA値です。
 
例えば080の場合、CCA値は800Aとなります。)
旧品番との違い
現行EUシリーズ表示
現行EUシリーズの形式表示と旧商品形式表示とは連番を表記しているかの違いです。


@Aバッテリー容量  B始動性能

■注意!
※欧州車用バッテリーの形式表示では、容量・始動性能のみが表現され、
  JIS規格のようにサイズまでは特定することができません 欧州者に搭載されているバッテリーは、
  純正品番と容量のみ表記されている場合があります。

※容量だけでなく、バッテリーサイズや端子位置、下部取付形状についてもご確認ください。

▲ページ上部へ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
このページはフレームを使用しています。
サーチエンジンなどから直接このページに訪れた方は、コチラからサイトトップに移動します。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::千代田デンソー株式会社:::::::::::::::::::::::::::::::::::::